夏休みの間の教職員は2学期に向けての準備期間に入ります!

2学期は運動会や遠足、お遊戯会といろいろな行事がありますから、職員会議を設けて、こども達が充実した日々を過ごすことができるように話し合っています。

また、園だけの考えではマンネリ化していってしまいますので、いろいろな園や先生方にも刺激を受けて、日々の保育を見直したり、新しいアイディアや考え、知識を得るためにそれぞれ研修会にも参加させていただいております。

なるほどなぁ~が沢山で、日々の保育に足りないこと、取り入れてみたいこと、発見がたくさんです。

先日は、ひかりのくにの研修会に参加させていただき、「危機管理」について学びました。災害の多い近年、お子さまの大切な命をお預かりしている私たちにとってとても大切なお話でした。豪雨や地震の時の避難の仕方、園外保育中の被災について映像を交えながらの講習はとても分かりやすかったです。

また、尾木直樹先生の講演もあり、「人生力」についてお話を聞きました。

「人生に何があってもそれを逆に活かしながら乗り越えてしまう。」“ピンチをチャンスに変える”

日々の保育の中で、こども達も失敗してしまうことがたくさんあります。でも、その失敗を次に活かしていくことができれば新たな発見や自身に繋がると思います。失敗せずにストレートに成功していく人生より、たくさん失敗したことで、失敗した人のことを共感することもできそこから優しさも芽生えてくるのではないかと思います。失敗しないとわからないことが沢山。だから、大人はこども達が失敗しないように失敗しないようにとサポートするのではなく、失敗した後にどのような声をかけてあげるか考えることがとても大事だなと思います。日々の保育を見直すとってもよい時間になりました。ながーぃ夏休み、こども達に早く会いたいな❤️と思っています!一ノ瀬